七五三祈祷とは


 古くは「七五三」を三歳の男女児の「髪置(かみおき)」、五歳の男児の「袴着(はかまぎ)」、七歳の女児の「帯解(おびとけ)の年に氏神様に参拝する事を言い、「髪置」とはこの日を境に髪を伸ばし始める事を意味し、男女児共に行い、「袴着」は初めて袴を着ける事、「帯解」は着物の付け紐を取り除き、帯に替える儀式をいいました。
 七・五・三という数は縁起の良い数であるとされ、11月15日という日取りは徳川五代将軍綱吉の子、徳松の髪置祝いが行われたためといわれています
 いつの時代になっても、子供の成長と健康に感謝し、今後の無事を祈る、親が子供を思う気持ちは変わらないものです。

ご予約 お電話によるご予約のみとなります。
ご祈祷は毎日、午前10時より午後3時まで奉仕しております。
午前10時より午後3時までのお時間でご予約下さい。
 (電話受付:午前9時〜午後5時  Tel:0742-22-0832)
必ずご予約の上ご来社下さい
ご祈祷料 ご祈祷料はお一人様5千円、二人目以降はお一人様3千円でご奉仕いたします。
ご祈祷の後には子供御守・千歳飴・記念品等お渡しいたします。
お申込期間
10月上旬より11月下旬まで